24時間テレビマラソンランナー【ブルゾンちえみ】メイクバッチリで、メンタルに強いのはなぜ?

2017/09/05
 
24時間テレビ、ブルゾンちえみ
この記事を書いている人 - WRITER -

24時間テレビ』での【ブルゾンちえみ】のマラソンを走りきった姿は感動しましたね~。

過去、いろんなタレントの方もマラソンに挑戦してきて、その度に感動させていただきましたが、今回も感動はしましたが、それよりも、ずばり!!アイメイクが気になりました!崩れていない!あれ?なぜ?と謎だらけ。

途中で直していたのか?それとも、いつもより、濃くして、シンクロナイトスイミングの皆さんの真似をしていたのか?とか、とーても気になっちゃうところですね。

また、トレーナー「坂本雄次」が、【ブルゾンちえみ】に対しメンタル面は「めちゃ強い、半端ないと思います。」と太鼓判。

そして、視聴率も、すごかったみたいですね。全て調べていきますね。

 

スポンサーリンク

 

【ブルゾンちえみ】のアイメイクはなぜ、消えない?

 マラソン前の【ブルゾンちえみ】写真と、メイクのブランド紹介!

マラソンランナーとして発表された時の顔のメイクはコチラ⇩

24時間テレビ、ブルゾンちえみ

 

バッチリメイクですね。

特徴的なのは、目尻をハネ上げた太目のラインと、コーヒーカップやワイングラスに必ずやベッタリ付いてしまうであろうダークレッドの口紅です。実は、お手本は、コシノジュンコ先生で、御本人からのお墨付きもいただいているとか。夢の一つに「化粧品プロデュース」もある「コケティッシュ美人」ブルゾンちえみ。

引用先:25ans 5月号「放送作家 山田美保子の美人コレクター」より

私は見ててなんか、都会のバリバリのキャリアウーマン的な感じがして、少しでも、なにかしでかしたらこっ酷く怒られそうなイメージが湧きます。でもテレビで、お笑いしているところを見ているから、親しみが湧く感じでしょうか^^。

ちなみに、この時、使っていた、メイク化粧品は、

シャドウ⇒RIMMEL

アイライナー、目上⇒メイベリンのリキッド

アイライナー、目下⇒ビボアイフルのペンシルライナー

リップ⇒Beauty Bakerie

そんなに高くない、庶民的な値段のものでしたが、ほんと、見事なぐらいのメイクです。

では、マラソンしている間は、ホントに、メイク直しはしていなかったんでしょうか?

スポンサーリンク

 

マラソン途中の休憩時点での【ブルゾンちえみ】メイク直しはしていない?

28日の「完全密着!24時間マラソンの裏側2時間生放送SP」でも、休憩中の場面が映し出されていましたが、

本人曰く、「顔に汗をかかない、気持ちの問題。。。」と言っていました。

24時間テレビ、ブルゾンちえみ

****なぜ、メークが落ちなかったのか****

24時間テレビ、ブルゾンちえみ

取材陣の方にこう答えていました。⇩

ブルゾンちえみ:これ、26日の午後一時とかにやったメイクです。一切直さず。。。。

取材陣:いつ確認した?

ブルゾンちえみ:いちいち休憩ごとに鏡を見せられたんですけど、落ちていないということで直す必要もないかっと思って一つも直さなかったんですけど。。。。

 

上の写真を見ても、確かに、ファンデーションは少しずつ落ちてはいますが(見えづらくてすみません><。)、アイメイクははっきりと見えます!!

芸人魂が、そうさせたのでしょうね~。さすが!

 

【関連記事】

⇒お天気キャスター【酒井千佳】ニュース番組で、ブルゾン千佳!アイメイクは崩れてな~い。はコチラ

 

【ブルゾンちえみ】の メンタル半端ない理由とは?

生い立ちから、遡っていきたいと思います。

生い立ち

1990年8月3日、岡山県で生まれました。親は、教育者で特に父親が、陸上部のコーチをしていたこともあり、中学校まで、短距離走を、高校からは、長距離走でハーフマラソンを本格的に頑張っていたそうです。

24時間テレビ、ブルゾンちえみ

 

<顔アップの写真>

24時間テレビ、ブルゾンちえみ

 

話は、変わちゃいますが、痩せていたんですね~。この写真は中学時代に撮られたらしいのですが、腹筋は”シックスパック”だったそうですよ!

 

話は元に戻りますが、生い立ちから、追っていくと元々陸上していたから、大体のコツも分かっていたんでしょうけど、これだけの理由で、メンタルが強いと思えないですが。。。。。

と思ったら、別の理由もありました!それは、

高校時代の監督(恩師)、坪井先生の娘さんで、2年前に悪性リンパ腫で治療の後、今は、自宅療養しているそうですが、お笑いが好きで、少しでも、回復するのではないかと、お二人で、【ブルゾンちえみ】のライブを見に来ていたそうです。そのときに、「私にも、元気をあげられる人がいる。出来ることがある、自分にできる何かをしたい」とおもったそうです。

そうだったんですね!それが、走る原動力すなわち、メンタルの強さにもなっていたのかもしれませんね。

(*高校時代の監督(恩師)坪井先生とは⇒進学先の大学について、大変お世話になった先生で、勇気をもらったそうです。)

 

【ブルゾンちえみ】自身のブログ

⇒~What’s up? セレブリティーズ~のブログはコチラ

 

【ブルゾンちえみ】マラソンで、視聴率40.5%?

マラソンの視聴率の裏側では、こんな事情があったようです。⇩

今回はランナーが当日発表される初の試みとなったが、ネット上でランナー予想が盛り上がるなど注目度が高まり、結果的には高視聴率となった。だが、そのウラでは「マラソンは今年で最後」という局内ムードがあったという。

「実はマラソン企画は来年以降の打ち切りが検討されていた。今年は複数のタレントを候補にランナー選定が進められていたが、最終的に全員に断られてしまうという異常事態となり、ブルゾンちえみが緊急登板。そういったゴタゴタや警備上の問題、毎年伴走している坂本雄次トレーナー(69)の体力的な問題もあり、来年からマラソン企画はやめようという意見が強まっていたんです。その中で、チャリティマラソンランナーを務めたブルゾンちえみ(27)が高視聴率の原動力となり、日本武道館でゴールテープを切る直前には瞬間最高視聴率40.5%をマークした。

引用先:Daily News Online

いろいろな、壁を乗り越えて、今回新しい試みをして、よかったんではないかと思います。視聴率も、歴代2位でしたからね。

 

さいごに

ブルゾンちえみ自身も、努力家で練習3回目で30キロ、走ったそうです。マラソンを走りたいという気持ちが、坂本トレーナーに通じてホントに”よかった!”ですね。また、化粧品のCMの依頼もこれから、来そうですし、ますます、お忙しくなりそうな予感です。がんばってください!!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© トキトビ , 2017 All Rights Reserved.